ldlコレステロールを除去して美容と健康を取り戻そう

サプリメントで補う

健康的な人

本来コレステロールは、私たちの体に欠かせない脂質です。
体内にある約150gのコレステロールの80%は、肝臓で自家製造されて残りの20%は食品から摂取しているのです。
食事から摂りすぎるのが問題であって、少々摂りすぎても直ちに動脈硬化になるわけではありません。
コレステロールの働きは、細胞膜や核膜である生体機能の原料になるものです。
それから、ホルモンやビタミンDをつくる時にも必要です。
コレステロールは、ご存知のように善玉と悪玉がありますね。
コレステロールは脂質すなわち油ですから、そのまま血液には溶けません。
タンパク質と結びつき運ばれます。
結びつくタンパク質の種類により働きが変わるというわけです。
善玉はHDL、悪玉はLDLともいいます。

善玉(HDL)と悪玉(LDL)がありますが、実はどちらも体に必要なものです。
では悪いものとはいったいどういうものでしょうか。
それは、コレステロールを変質させて、動脈に付着する物質の活性酸素です。
血液中にHDLが増えて、そこに活性酸素が発生すればLDLが酸化されます。
それが過酸化脂質というものに変わってしまうのです。
変質したら、食細胞マクロファージがやってきて食べてしまいますが、その量が多いと、マクロファージは油が多すぎて泡沫細胞となって死んでしまいます。
この泡沫細胞や過酸化脂質が動脈壁に付着し、血液の流れを妨げるのが動脈硬化と呼ばれるものです。
動脈は弾力性があり栄養素を運ぶ場所ですが、硬直化すればその機能も失われて古いゴムホースのように劣化して裂けやすくなります。
事実、美容や健康の妨げになります。